登山ギア

【1万円以下!】登山で使えるおすすめバックパック5選(2020年ver)

困った男の子
「登山始めたいけど登山用品って高い!」
「お手頃に買えるバックパックない?」

↑こんな声にお答えして1万円で買えるお得なバックパックを5つ紹介します。

似顔絵

この記事を書いているボクは

ポイント

登山歴9年
登った山は富士山、劔岳、石鎚山、大杉谷etc..

登山用品って高いですよね?
■バックパック
■登山靴
■レインウェア
■ストック

などなど、必要なものを言いだしたらキリがないです(-_-;)

それらを全部購入するとなると
財布がスッカラカンになっちゃいます。

なので、

できる限りお安く済ませたいと
思ってる方のために
今回はアウトドア主要メーカーで
かつ、1万円以下という制限を設けて
オススメのバックパックをご紹介します。

それでは見ていきましょう。

ARC'TERYX インデックス15

ARC'TERYXからは日常使いにも使える
インデックス15を紹介します。

こちらのバックパックは
フロントポケットにパック全体を収納できる
ポケッタブル仕様になっていたり
ループが8か所ついているので
ウォーターボトルや小さなアイテムを留めたり
することができます

karrimor sector 18

ボクの大好きkarrimorです。
sector 18の特徴は
ポールキャリア付き
ハイドレーション対応
といったところでしょうか。
タウンユースだけでなく
しっかりとハイキングにも対応した
バックパックとなっています。

MILLET マルシェ20

マルシェ20は小ぶりで可愛らしいデザインですが
しっかりと収納力は備えていています。
前面に2つのジッパーポケット
内部にメッシュポケット
サイドメッシュポケット
これだけポケットがあれば
小物類の仕分けもバッチリ!
ちなみにミレーのバックパックでは
おなじみのホイッスル付きです(^^♪

Columbia キャッスルロック25

Columbiaからはキャッスルロック25を
ご紹介します。
フロント部分に斜めにつけられた
ファスナーポケットが印象的なバックパックで
ウエストベルトもついていて
収納もユーザーのサポートもバッチリです。
このサイズ、価格では珍しく
レインカバーが標準装備されており
ユーザー満足度を上げてくれます(^^)

mont-bell ディナリ25

みなさんご存知mont-bellのディナリ25は
トップポケットやサイドポケットなど多彩な収納を備え
ハイドレーションシステムにも対応
レインカバーも付属しており
コスパ抜群のバックパックとなっています。
さすが日本が誇る登山ブランドですね♫

モンベルディナリ25

出典:mont-bellオンラインストア

モンベルはAmazonに商品がありませんので
公式オンラインストアよりお買い求めください。

まずはお手頃なバックパックから

バックパックは容量や機能、ブランドによって
価格帯が数千円~数万円とさまざまです。

登山を始めてすぐに
数万円もするバックパックを買うのは
勇気がいりますよね?

第一やってみないと続くかわかりませんし。(笑)

なので、まずは今回ご紹介したような
低価格帯のバックパックから挑戦してみてください。

登山が楽しくて今後も続けていこうと思ったら
少し容量の大きいバックパックを購入すればいいかと思います。

新しく買っても古いものは無駄にはならず
デイハイク用として、その後も使っていけますので
ご心配なく(^^)

ただ一点注意点
安価だからといって、革っぽいリュックや
キャンバス生地のリュックは買わないように!
汗を吸って蒸れたりと
登山には不向きなので注意してください。

今回の記事は以上となります。




-登山ギア
-, , ,

© 2020 ひろぶろぐ Powered by AFFINGER5